雑貨屋Franpsで雑貨の知識をアップ♪

雑貨屋Franps

フランス雑貨について

フランス雑貨と聞くと、何を思い浮かべますか。
アンティーク家具を思い浮かべる人もいると思います。特に、食器類ですね。カップや、ティースプーンなどを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。あとは、食卓を演出するランチョンマットなども良いですよね。
落ち着いた色使いのアジアン雑貨とも少し違ったデザインの雑貨が多いですよね。
ここでは、かわいい雑貨だけでなくセンスを感じる雑貨やインテリアも併せてご紹介します。

フランスでは、蚤の市と呼ばれるものが毎週開催されています。特にパリで開催されているのですが、これは、フランス雑貨をみんなが持ってきて、公園などで売っているものです。日本で言えば、フリーマーケットのような物です。フランス雑貨を中心に毎週フリーマーケットが開催されているのです。
ほとんどが、中古品で要らなくなったものを売っているのですが、結構程度が良くて、フランス雑貨が好きな人は、掘り出し物を目当てに毎週通い詰める人も結構いるようです。
フランス雑貨が好きな人は、ぜひ一度は訪れたい所ですよね。

アンティークの家具や、フランスの田舎をモチーフにしたカントリー雑貨などがありますが、これらは、フランス雑貨の代表とも言えるものです。特に女性に人気のある可愛い雑貨だと思います。

カントリー雑貨はアンティークよりも可愛らしいものが多く、動物雑貨やトールペイント、パッチワークなど赤やベージュをがメインカラーです。子供部屋のインテリアには動物雑貨も人気です。

フランス雑貨の種類

フランス雑貨は、ほとんどがフランスから輸入されていて、アンティークな物が中心となっています。
家具や、骨董品、アクセサリーなどがあり、中には、かわいい小物まで幅広くあります。
これらはフランス雑貨が作られていた当時に、それぞれの会社がデザインや、かわいさを競うように作られていたので、フランス雑貨のアンティークはカワイイ小物も多いのですし、定番となっているのです。キーホルダーなども沢山あります。

フランス雑貨のデザインは、ハートや、バラ、クローバーと言ったような、女性が好みそうなデザインが多くなっています。中には、身につけていると幸せになれると言われる不思議のメダイと呼ばれるものがあり、これも人気が高くなっています。
フランス雑貨のアンティークものは、昔に作られたものですが、時代を選ばずに使用する事ができるのも人気がある秘密ではないかと思います。

フランス雑貨には、キッチン用品もあります。アンティークな種類なのですが、ほとんどが、高貴なイメージを持たせるようなデザインとなっていて、落ち着いた雰囲気にする事ができます。
フランス雑貨を購入する為には、フランス雑貨を輸入販売しているお店に行くと買えますが、直接パリの蚤の市に行ってから、購入をする人もいるのです。
それだけ、人気がある雑貨だと言う事がわかりますね。

フランス雑貨の定番

フランス雑貨の中で、ビューバーと言うのがあるのを知っていますか。

ビューバーと言うのは、インクを吸い取る紙の事です。
これのドコが雑貨なのかと思われるかもしれませんが、これは、昔紙に字を書く時にインクを使います。
今は、ボールペンで字を書く事が出来るので、インクを気にする事はないのですが、昔は、インクを付けてから、書いていましたので、着けすぎると、字が滲んで読めなくなってしまいます。
そこで、このビューバーで付けすぎてしまったインクを吸い取るのです。

これを、昔企業は、広告の媒体として、競い合うように印刷をしていました。そう言う事から、今では、フランスのアンティーク雑貨として定着しているのです。
また、キーホルダーも当時は、競い合うように沢山作られていました。他よりも良い物を作ろうと、どんどん良い物がつくられてきたのです。

ビューバーやキーホルダーを集める事によって、昔のフランスでの広告はどのような物があり、どのようにしていたのかが、見る事ができます。それを見ているだけでも楽しむ事ができるのです。
ですので、フランス雑貨の愛好家の人たちは、このビューバーやキーホルダーを集めているのです。
ビューバーは額縁に入れて、絵画として、飾る事もできますね。

recommend

ヘルス 新宿

大阪 風俗求人

最終更新日:2017/1/13

 

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008 雑貨屋Franps. All Rights Reserved